Y’s STUDIO

【NO!PAN!!】「師走の3連単」第1レース:ラヂヲデイズ杯<2008・12・6>@ラヂヲデイズ

はじめに~

『NO!PAN!!』とは?

シンガーソングライターの向井成一郎さんと、

シンガーソングライター&ESCOLTAのメンバー(リーダー)である結城安浩さんの

ユニットです。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 

 

昨日、12月6日は

「東京ライブサーキット!師走の3連単!走れ! NO!PAN!!で」

の、3連単の初日~~~~♪

「第1レース:ラヂヲデイズ杯」でした。

NO!PAN!!としては、5回目のライブ、

そして、前回の「vol、4」に続き、@ラヂヲデイズとなったわけです、、、、


本当に、楽しく、温かいライブるんるん 

そんな持ち味が確かになってきたNO!PAN!!ライブですが、

電球重大発表もあり衝撃で、アッと言う間の2時間でした。


まずは、セットリスト~♪



◆◆◆◆セットリスト◆◆◆◆

1 風のバタフライ
2 アジアの純真(RUFFYのカバー)
3 Egg Man
4 真赤な太陽(美空ひばりのカバー)
5 太陽の子ども
6 見上げても見つめても
7 虹の根元を探しに行こう
8 Winter Love
9 Traveling Bus
10 愛のかけら
11 フリーダム
12 NO!PAN!!のテーマ
13 ここから始めよう

~アンコール~
14 悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズのカバー曲 )



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

予定開始時刻から、少々遅れての何気に登場の二人。

あれ??何か、いつもと感じが違います。

向井さん、珍しく襟のあるシャツ姿。。。。

それも、かなり胸元のボタンが・・・・・

結城くんは、ホワイトのやはり襟のあるシャツに、紺の幅の狭いネクタイを

少し、ルーズに。

ちょっと、大人な雰囲気の(見た目?)NO!PAN!!でした。


(1) 風のバタフライ


から、ライブは始まりました。わーい(嬉しい顔) 

んっ?でも、ちょっといつもと違う曲みたい???・・・・・


後々のMCでわかったのですが、NO!PAN!!の曲は日々変化!

今までのは、TVバージョン。

今回のは、ラジオバージョン~~~♪だったらしい。。。。

素敵なメロディーと歌詞が加わっていました~。



(2)アジアの純真

リベンジ!!!!!ってことで、前回のライブの汚名返上(笑)

しっかり、リベンジ果たしていましたね~~。やったね。手(チョキ) 


(3)Egg Man

出だしの「ココココココココ・・・・・・・」新たなアレンジ~~~♪



ノリのいい3曲から始まったライブ!!!!!

今回、初めて参加の人がとても多かったのを意識してか?

自己紹介などを。

「結城安浩で~す!」「向井成一郎で~す!」

「二人合わせてNO!PAN!!です!」


ここから、最初のMCタイム~。

「東京ライブサーキット・・・」が決まった、きっかけとか・・・・

この、名称の理由とか・・・・

とにかく、最初から二人のトークは、炸裂~~~衝撃 

この、トークの楽しさは、ライブに出かけみての、実体験をお勧めします。ウッシッシ 


お次は、 カバー曲コーナー。

(4) 真赤な太陽(美空ひばりのカバー)


正直な感想。へ~~~~~~と思った。良いexclamation ×2 

元々が、カッコいい曲ではあるが、NO!PAN!!アレンジだと、こうなるのかぴかぴか(新しい)!?

そして!そして!!!!

これ、きっと初?

結城くんのギターソロ~exclamation ×2。向井さんのギターソロ~exclamation ×2

なんだか、嬉しかった揺れるハート!!!!!カッコ良かったぴかぴか(新しい) 

もっと、もっと、このようなPLAY見たい!聴かせてください~♪

前回ライブの、結城くんの「ギターの下手な二人」発言の撤回かな!?(笑)


そして、太陽つながりの

(5) 太陽の子ども


(6) 見上げても見つめても


NO!PAN!!ライブでおなじみの、結城くんのオリジナル曲、2曲が続く。

しかし、すっかり、NO!PAN!!バージョンが定着。

もちろん、結城くん一人のバージョンもいいですが、

二人だと、もっと、曲のいい部分が出てきているかも!


(7) 虹の根元を探しに行こう!

前回のライブで初披露のNO!PAN!!オリジナル曲です。

これまた・・・私の大好きな曲のひとつです。(どんだけたくさんの曲が好きなのか?笑)

初披露の前回より、かなり二人とも自分たちのものにした感じですね。

ず~~~~~と、前から歌っていたのかな?みたいに聞こえました目がハート 




ここから、2回目のMC~~~~~。

このトーク、お伝えできません。ウッシッシ 

とにかく、話題が次から次へ出てきて・・・

印象にあるのが、「なかなか良かったね!」と自画自賛する二人。(爆)

いつも、前向き!ポジティブな二人指でOK

そこが、いいと、言いきる二人。そんなところが、魅力ですね揺れるハートぴかぴか(新しい) 

そんな、自画自賛の話から、NO!PAN!!の二人の関係の微笑ましい

エピソードなどを踏まえ、

トーク!トーク!トーク!!!・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


(8) Winter Love(新曲)

ここで、新曲披露るんるん 

冬の曲を書こう~と言うことで、出来た曲らしいです。

(実は、もう1曲制作中~。12月には、発表してくれるとか!新曲ラッシュだ♪)


この曲について、ちょっと長くなるかもだけど。。。

なんて、言うのだろう、、、、、

寒い冬を温めてくれるような、揺れるハートがキュ~ンとする曲でした。

冬の曲と言うことだったので、もっと、しっとり、聴かせる感じかと思ったら、

なかなか、ノレちゃう曲となってた。exclamation 

素朴なメロディラインと、心が温かくなる、昔、懐かしい感じ。

なんだか、胸が痛くなる(キュ~ンという痛さ)詞の世界。。。。。

これからのNO!PAN!!。本当に期待出来るかもぴかぴか(新しい) 


そして、MC~。


続いて、

(11) フリーダム

(12) NO!PAN!!のテーマ


ここで、投票袋を開けました。

この、投票袋は、ライブ前に"新曲"と"NO!PAN!!のテーマ"が何曲目に歌うか当て、

当たった方には、NO!PAN!!のサイン色紙がもらえると言う企画です。

でも、2曲当てるのって、神業?ですよ~あせあせ(飛び散る汗) 

正解は、(8)が新曲で(12)がNO!PAN!!ソング~~~。

いやね、私も、両方当たる人って、少ないんじゃないかな・・・・

と思っていましたが、やはり、誰も居なくて。。。。



・・・・と言うわけで、新曲の順番だけ当てた方。

お情けで、サインGET。。。。

はい、本当にすみません。。。。。。。

私、当たってしまいました。。。。。。。。。

盆と正月。誕生日とクリスマスがいっぺんに来た感じです。

持っている運をすべて使い果たしました。

ありがとうございました~。

しかし・・・思いっきり、本名呼ばれてしまったな~~(照)




この反省を踏まえ、このイベント、次回からは、連勝ではなくて、単勝にするようです。


しかし~~~~exclamation ×2!!!!

ここで、電球重大発表が~~~exclamation ×2exclamation ×2exclamation ×2 

はい!

今年いっぱいで、「NO!PAN!!」は解散らしい。。。。げっそり 

え~~~~~~げっそりなんですが、

来年、新たな名前で、「再結成」と言うことらしい。手(チョキ) 

・・・・・・と、言うことは、

改名ってこと?単に、「NO!PAN!!」じゃ~なくて、

もっと、大きな声で話せる名前になるってこと?(爆)

こんなことから、

この、「NO!PAN!!」サインはとっても貴重~☆

だから、じゃんけん大会で勝負!

これが、また、大盛り上がり~。

人間、なぜか、じゃんけんには、いくつになっても、心ウキウキ☆

しかし・・・これがまた、なかなか決まらなかった。。。

でも、楽しかった~~~~(笑)


(13) ここから始めよう

いつものように、パート分けして、みんなで歌いました。るんるん 

かなり、いい調子で、みんな歌えちゃったり!!!ウッシッシ 

これがないと終わらない感じ。でも、終わっちゃうんだ~~~と言う寂しさもありますね。。。。


<アンコール>

悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズのカバー曲)




次は!17日のマローネで~~~~!!!!と言うことで、

今日のライブは終了。。。。。


毎回、楽しいけど、

今回もますます、楽しい時間でした。♪


NO!PAN!!としての曲が増えてきているし、

それぞれの、オリジナルも、NO!PAN!!バージョンが、本当に定着して、

いい感じの曲に変化しています。


今回は、「ソロコーナー」なかったですね~。

これって、とってもNO!PAN!!としては、素敵なことなのでは?なんて、思います。


と言うことで、 今回のライブの様子でした。。。


2008-12-06 00:00:00投稿者 : yukarinn
コメント一覧
コメントはまだありません。