Y’s STUDIO

角松敏生「ODAKYU SOUND EXPRESS」第 2回(08/04/12)放送レポ




NO.2 (2008.4.12)




♪♪♪♪・・・・・・・「startin」 角松敏生

TOKYO FMお聞きの皆さんこんばんは。角松敏生です。

さて、え~、先週からスタートしました、ニュープログラム。

「ODAKYU SOUND EXPRESS」

この後、9時30分までどうぞ、お付き合いくださいませ。

というわけでございまして、いよいよ、これ第二週目っていう

ことでございまして、お届けしているナンバーは、

角松敏生の2004年にリリースしたシングル、「startin」

え~、先週もね、お話しましたけども、スタート、出発点という

テーマでね、ちょっとね、お話をしているもんで

ございますから、先週も、「この駅から」(笑)選曲してましたけども

え~、今週は、「startin」ということで。

さあ、メールいただきました。

こちらは、弥生さん、ですね。

「たった今、え~、22日放送のREALSOUNDのほうを聞きました。

心臓とまるかと思いました。(笑)角松さん、私の前から

いなくならないでください」

別に、(笑)そんな、縁起でもないこと言わないでください。

「間を空けるなんて、悪すぎる冗談!

来月からのODAKYU SOUND EXPRESSちゃんと応援して聞き続けます。」

ということでね。

ありがとうございます。もうスタートしておりますので。

こんな雰囲気でやっております。

え~、ね、是非、この後も楽しんでいただきたいと思いますけどね。

まあ、この番組、まだスタートしたばっかりなので、

どういうふうに展開していくのかっていうのはね、

これから、いろいろ、また、いろんなところでチャレンジして

いきたいと思いますけれども。

ま、基本的にはね、角松敏生セレクションによる音楽とトークで

お届けする、王道のね、音楽番組、音楽プログラム

音楽の良さを伝えて行こうじゃないか、ま、そういうところがね、

基本になっていくのではないか、と思われますけどもね、

ただ、やっぱり、あの~、私、あの、旅とか、なんか

そのイメージとか、大好きでございますんでね

なんか、こう、そういう感じの話もしていきたいなあなんて

思うんですけどね、何しろね、この仕事、ずっと旅続きですからね、

逆に、ちょっと、旅をしなくなったら、もう終わりかな?

っていう、もう、そういう感じもしますけどね。

まあ、そんなわけで、この後もね、いろんな企画にチャレンジ

していきたいなあというふうに思っております。

え~、っていうことで、第二回目の今夜もね、

先ほども言いました、話はつきないということで、

先週に引き続き、スタート、出発点をテーマに音楽とおしゃべりを

お届けしてまいりたいと思っております。

っていうことで、「ODAKYU SOUND EXPRESS」最後までよろしく。

-------------------------CM-----------------------------

TOKYO FMからお届けしております「ODAKYU SOUND EXPRESS」

さあ、角松敏生セレクションナンバーお届けしましょう~。

ボビー・コールドウェル”SPECIAL TO ME”

♪♪♪・・・・

さあ、TOKYO FMから角松敏生がお届けしております

「ODAKYU SOUND EXPRESS」

お届けしているナンバーは、ボビー・コールドウェルね、

一枚目のアルバムからですね。”SPECIAL TO ME”

まあ、この、”SPECIAL TO ME”なんかも

わたくし、19ぐらいにとき、喫茶店でバイトしておりまして、学生時代。

で、昼休みにですね、カフェバーみたいに、

カフェバー、懐かしいですね~。

カフェバーみたいなのがありまして、そこで、お茶を飲みましてですね、

そうすると、そこで、いろいろと、洋楽のまあ、一番新しい、

いいものがかかる店があって、当時は、

そういう洋楽の情報なんていうのはね、あんまり、日本に入ってこなかった。

だから、輸入盤屋さん。今でこそね、普通に、世界中のCDが

手に入りますけども。自分の足で、探して、自分で見つけて

行かなければならなかったという、

逆に言うと、見つけたものは宝物のようなものですよね、

はっきり言って。で、「こんな、いい音楽があるぜ~」とかいいながら、

まあ、友達とか、まあ、主に、女の子とか、(笑)

これ、聞かせたいとか、まあ、懐かしいですね。

まあ、そういう、感じで、だからこそありがたみがある、

自分の足で、そして、自分の耳で探し出して行って、

そして、輸入盤屋さんに行って、「あった!これだ!」って言うね、

えー、そういう、まあ、その、情報量が少なかった時代だからこそ、

音楽のありがたみみたいのがよく伝わってきたって言う、まあ、

エピソードでございますけどね。うーん。え、だから、やっぱり、

このーボビー・コールドウェルさんなんかは、

誰も知らなかったんですけど、こんなに、ね、日本で有名に

なるとは思いませんでしたよ。当時はほんとに、はい。

さあ、メールいただいております。a-haさん。

「角松さん、こんにちは。大阪厚生年金会館、参加させていただきました。

今回のツアーは、大阪と名古屋のリベンジと言うことでしたので、

関西在住の私としましては、リベンジできなかったら、

もう、角松さんのライブ、大阪で観れないかも~と言う、

切実なプレッシャーに襲われておりました。

出来る範囲でありますが、布教活動(笑)を、行ったりもしました。

その甲斐あってとは思いませんが、昨夜は、3階席まで、お客さんが埋まり、

しかも、集まった皆さんの熱かったこと!皆さんはきっと、

この、大阪のライブの意味を十分わかっていらっしゃったのですね。

拍手と言うものは、こんなにパワーがあるんだと、

改めて感じさせていただきました~。えー、今回は、紙飛行機にも、

改良を加え、ちょっと、大きなものを飛ばしてみました。30センチ。

えー、あの、客席の熱い想い、えー、伝わりましたでしょうか。」

いや~、伝わりましたよ!あの~、ま、大阪のあれも、2000超える

箱なんでね、ソウルドアウトとは言わず、何しろね、

前回が、60%しか入っていなかった。

もう、こりゃ、俺、終わったな、と思ったのね。

次、仕掛けて、3階席に人、入んなかったら、もう、とりあえず、

東京だけでライブやって、で、地方の方は、あの、見たい人は、

東京まで出てきてください、すいません。

と、言うようなスタイルにしていこうかな~と、思っていたんですけどもね。

えー、ま、仕掛けた甲斐あって、えー、なんとか、3階席まで人は

入っていたので、えー、とうはんめいと言う場所は、

主旨しなければいけないトリデですので、よかったなと、思います。

えー、そして、続きまして、ゆきこさん。ね。

「名古屋行ってきました。横浜から出かけて、名古屋観光して、

新幹線で戻る途中です。いつものことながら、楽しませていただきました。

私も、がんばらなくちゃと、勇気をもらいました。

仕事で、3ヶ月日本を離れます。えー、角松さんのCDをかばんにつめました。

これからも、ご活躍お祈りしています。」ということで、

えー、そうですか。えー、お気おつけて、行ってらして下さいね。

えー、まあ、僕もね、半年ぐらい、あまり人前には出ないと思うんで、

えー、ね、帰って来たころには、また、新しい情報がこう、

お聞かせできるといいなと、思っております。

えー、さて、えー、今日はですね、その、ライブの話ですけどね、

4月12日、和光市民文化センター。え、この、旅最後と言ってもいいですね、

バラードナイト再現。12月にありました、バラードナイトを再現する

ライブを、丁度、今日ですね、やっておりますね。

えー、おかげさまで、ソウルドアウト、させていただきましたけどね。

えー、ま、これが終わるとですね、実はあの、

パーカッションの田中倫明さんと。Romanticaというユニットがあるんですけど、

その、Romanticaと僕が一緒に"T's Romantica"という、

ちょっとした、ライブギグが、ちっちゃいところで、

ポツン、ポツンポツンと、地方だけであるんですけどもね。

まあ、そんなことで、これ、ちょっと、あの、マラソンで、急に立ち止まると、

体に悪いと言うことで、えー、徐々にゆっくり、立ち止まりながら、

えー、次にことを考えて行きたいなー、と、思います。

さ、角松敏生セレクションです。ポールサイモン。”レイト・イン・ジ・イブニ
ング”

♪♪♪・・・・・・


・・・・・・・ジングル・・・・・・・・


-------------------------CM-----------------------------

東京FMから、角松敏生がお届けしております

ODAKYU SOUND EXPRESS

さて、第二回目と言うことでございましてですね、えー、

スタートをテーマにお届けなんでございますけどね。

まあ、あのー、えー、角松敏生の人生の出発点と言うことで、

これも何か、あのー、びっくりご縁でございましてですね、

えー、小田急線の停車駅でもございます、参宮橋という所が

ありますね。まあ、僕の免許証にあります本籍地、渋谷区代々木

って書いてあります。それで、その一番近い最寄りの駅、参宮橋。

あの明治神宮のね、えー、ちょっと近くなんでございますけども。

まあ、基本的に僕、ここ2歳までなんで、参宮橋での、をー、記憶、

無いですね。えー、それから、今の練馬って言うか、吉祥寺の方に

移って来たんで。ただ、写真では残ってるんですよ、その参宮橋の

時のね、えー、様子が。なんかね、お祭りの法被みたいなの着て、

えー、はちまきをしてね、母親に抱かれてるね、写真があります。

で、えー、だから、あのー、良くね渋谷だ、新宿だあっていう車でね

出て行く時に、この参宮橋を通ったりとかするんですけども。

ああ、ここが僕の生まれた所なんだあ、とか思いながらですね、

なんか、あのー、ちょっと遠い目になってしまうんですけども・・・。

ただですね、実はこのー、角松敏生出発点!まあ、言ってみれば

かかわり深いって所があるんですよ。あのー、私、実は、秘密の

部屋をですね(笑)、参宮橋に借りてた事がありましてですね、えー、

丁度1990年ぐらいでしたかね?えー、僕と一部の人間しかしらない

部屋っていうのをね、借りておりまして、えー、まあ、イタイ思い出が

あるんでございますけども。で、まあ、結局そのまま色んな○※×?

って言うのがありましてですね、結局そのー、素敵な甘いお部屋

だったのが、最終的には、とても辛い悲しいお部屋になったと言う(爆)、

えー、角松敏生が丁度、活動を1回止めるぞと、ね、えー、言った頃

でしたかなあ、うん。それで、最終的にその部屋を引き払うという段に

なった時にですね、えー、何にも無くなった、ガランとした部屋にね、

一人で寝ましたよ(笑)、何かね、しんどかったねえ、あの頃は本当にね。

まあ、ある意味そこから、出発したんじゃないかなあ僕は、って言うね、

何か自分が人生のにおける、ちょっと、一番落ちた時期?

えー、まあ、あの落ちる落ちないって言う部分で言えば、今も、結構

厳しいですよ。あのー、今はもう新宿で社長やってますからね。

えー、昔は、あのー、プロダクションに雇われてってさ、で、もう、

何かそんな自分のそんなこと考えないで、好きな音楽だけやって、

やってた訳ですから、今はもう社員の給料も払わなきゃいけないとか

そう言うことも考えますから、何かそんな自分が落ち込んでらんない訳

ですよね?うん、でもやっぱ、音楽は続けて行きたいし、前に向かって

いきたいって言う、ある意味、昔、自分が辛かったなんて言ってる頃の

方が、はっきり言って緩かったのかもしんないけど、その時はその時で

やっぱ辛かったって言うのがありますよね?やっぱりね。

でもだんだん、だんだん、そういう経験をして、自己実現をしていって

えー、もう、なんかやっとこう物事を、その、生きてれば何でも出来るって

言う、なんかそういう感じになってきた訳でございますけども、まあまあまあ、

でも、参宮橋にちょっと苦い思い出もあり、えー、なんか忘れられない場所

ですよね。えー、まあ、イタ~イって言うときに良く聞いていたナンバー

お届けしましょう。

10CC、「アイム・ノット・イン・ラブ」


♪♪♪ I'm not in love


さあ、あー、10CC、アイム・ノット・イン・ラブ、ね、お届けしましたけれども。

まあね、参宮橋、先ほど参宮橋の話しをしましたけれども、あの、私のね、

セカンドマネージャーが結婚しましてですね、参宮橋に住むことになりまして、

えー、ちょっと、あのー、彼の家に遊びに行きました時に、久々に参宮橋の

駅前を見ましてですね、えー、変わりました。そのー、僕が、そのー、痛かった

頃の(笑)、あのー、ね、あの頃の参宮橋の駅とね、変わってしまいましたけど

もね、ええ。ここに、コンビニがあって、ここにレンタルビデオ屋があって、とか

あったんですけども、それだけじゃなくて、良く行った喫茶店とかレストランが

無くなってましてですね、やっぱ15年も経つと変わるんですね、色んな事が。

ただ!クリーニング屋さんだけが残ってましたねえ、そう言えばね、はい。

えー、確かあのー、彼女のスーツを出したまま、取りに行ってないな15年。


---------------------CM------------------------------------

東京FMから、角松敏生がお届けしてまいりました

「ODAKYU SOUND EXPRESS 」

いかがでしたでしょうか?

さあ、第二回目ということでね、え~、まあ一回目、二回目

続けて、「スタート」というテーマでお届けしました。

まあ、また来週からもね、ちょっといろんなキーワードを元に

話しながら、良質な音楽、セレクトしていきたいと思いますので

お楽しみに。

さあ、ということで、角松敏生のツアーが、ほんとに、ね、

もう、泣いても笑っても終わってしまいました。

このあとね、田中倫明さんと、T's Romantica のライブ、

まあ、やるんですけど、まあ東京近辺はないので、

まあ、一応来週あたりから、その、T's Romanticaのね

情報なんかも、この番組でお伝えしていこうと思っております。

え~、さてこの番組では、角松敏生のメッセージやリクエスト、

皆さんからの番組へのご意見や感想などもお待ちしております。

メッセージのあて先、はがきの方は、

郵便番号102-8080、102-8080

TOKYO FM 「ODAKYU SOUND EXPRESS」

FAXの方は、東京03(3221)1800、

東京03(3221)1800

メールの方は、kadomatsu@tfm.co.jp kadomatsu@tfm.co.jp まで

たくさんのメッセージお待ちしていります。

っていうことでね、あの、皆さんからもね、こんなこと

やってほしいなあとかあったらね、え~、また、ね、

お便りしてくださいね。

ということで、「ODAKYU SOUND EXPRESS」お別れの時間です。

また、来週の土曜日夜9時にTOKYO FMでお会いしましょう。

お相手は、角松敏生でした。


コメント一覧
コメントはまだありません。