Y’s STUDIO

角松敏生「ODAKYU SOUND EXPRESS」第 8回(08/05/24)放送レポ




NO.8 (2008.5.24)






TOKYO FMお聞きのみなさん、こんばんは。角松敏生です。

さあ、今夜もスタートしました、ODAKYU SOUND EXPRESS

このあと、ね、9時30分までお付き合いいただきたいと思います

けどね。さあ、お届けしているナンバーは角松敏生のアルバム

「Prayer」から、ソ・バ・エ。え~、そばえと言う、あのー、漢字で

日照雨と書きまして、まあ、いわゆる天気雨の事でございまして

ですね、まあ、あのー、日照雨と言うのは、そのー、いわゆる、

昔の平安朝の、宮中の雅言葉としても使われていたという、

ちょっと古い言葉、言い方なんですけどね、ええ。

ちょっと、あの、ひねってみました!みたいな・笑。

えー、まあ、あのー、日照雨と言えば、天気雨と言えば、まあ

あのね5月も後半でございますけども、もうじき梅雨がやって

まいりますねえ。ええ。じきね、夏の匂いがして頂きたいんです

けども、しかしまあ5月、途中、エライ寒かったっすよねえ?

何か、台風とか来たりして、ちょっとなんかあのー、ヤな感じで

すよねえ。この時期に台風が来るとか・・・、っていう、これが吉

と出るか凶と出るか、今年の夏の天気、どうなんでしょうか?

さあ、えー、こんなー、ね、可愛いメールが来ました。

「角松さん、今晩は。いつの間にか季節は変わり、番組も変わって

さらに選曲もパワーアップなさいましたね。久々に今日は3月9日に

生まれた<ゆうた>と共にお聴きしております。

良い感じですね。大人な感じで、久々ですわ。

最近やっと、少し子育てもペースつかめてきたかな?と言う所

なんです。この30分だけでも、昔の気分になれるかな?

小田急線駅シリーズ、江ノ島までの道のり楽しみにしております」

と言う、えー、ちなみに、あのー、何をおっしゃいますやら小田急線

の駅シリーズ、江ノ島だけではございませんよ。江ノ島に行く線と

箱根に行く線と、分かれる。でも、とりあえず江ノ島行ってみたい

じゃないですか?ですんで、江ノ島行って、戻って来て、もう一回

そこから箱根に行くんです。だから、終着は箱根まで行きますんでね

えー、お楽しみに・笑。っちゅう感じですね。

えー、ゆうたくんの写真が付いております。

可愛いでちゅね~。ウイ~。って感じですね。

ええ、まあ、まあ、まあ、でも、あのー、あれじゃないですか?

昔に戻った気分などと言わずに、えー、ママになっても、元気で

若さ一杯で頑張って頂きたいと思います。

さあ、ODAKYU SOUND EXPRESS、本日もいつも通りの感じで

進めたいと思いますけれども・・・・、えー、小田急線の駅にまつわる

エピソード、えー、うんぬんかんぬん、先週は世田谷代田でしたが

今週はどの駅でしょうか?ね、って言うことで、今週も最後まで

よろしく!

-----------------------CM-------------------------------

TOKYO FMからお届けしております、ODAKYU SOUND EXPRESS

さあ、続いてのセレクションナンバーをお届けしましょう。

スティーリー・ダン ” Black Cow”

♪♪♪・・・・” Black Cow”

TOKYO FMから角松敏生がお届しております、

ODAKYU SOUND EXPRESS

さあ、お届けしているナンバーは、スティーリー・ダン

で、ございますよ~。” Black Cow”ね。え~、まあ、

スティーリー・ダン。有名。超有名どこなこの曲でございますが、

え~、アルバム、「Aja」の1曲目に入っていますね~。はい。

さあ、と言うことで、T's Romantica のツアーが終わってしまいました。

あの、なんかいい、こう、なんて言うんですか、

リハビリと言うか、になったし、まあ、

当分は人前に出なくてもいいかなって言う、

でも、ちょっと、こう、おこもりさん状態、

えー、自分と向かい合おう、うん。と言うことで、

お便りいただいていてますね~、これ、くにこさんかな?

「T's Romanticaの貴重なライブ、角松友達を通じて、

行けることが出来て、感謝感激。」

え~、よかったです。

「倫明さんのアレンジで、一味違ったね、チェロが加わると、

ロマンティックになり、順さん、角松さんの奏でるギターで、

素晴らしいライブでした。

もっと、沢山の方に聴いてほしいと思うので、

是非とも、東京でやってください。」

ね、なんか、倫明さんは、なんか、もうちょっとやりたいな~と

言っていましたよ。う~ん。

え~、続きまして、あやかさんね。

「角松さん、こんばんは。T's Romantica 3days、お疲れ様でした。

2days参加させていただきました。まず、琵琶湖。爆笑ライブでした。

前座の星のお兄さん。おもしろかったですね~。」う~ん。

「プラネタリウムと言うことで、スペシャルなライブでした。」

う~ん、これは、スペシャルだったと思う!

「一夜限りだけではなく、プラネタリウムライブツアーなど、

いかがですか?私の街には、2か所あります。是非是非、来てください。」

でもね~、こうゆう、あの、設備が整っているプラネタリウムは、

あそこだけです。あそこのね、音響設備は、

あの、星のお兄さんが音楽大好きなので、

並みのライブハウスなんかよりも、いいスピーカー、

いい機材が置いてあるんですよ~。

ああゆうのは、もう、あそこしかないですね、日本でも、うん。

「Romanticaのライブは初参加。チェロの生音も初めてで、

チェロの音色って、肩の力が抜けてて、

包まれるような感じがしております。

続いての神戸。前座なし。お兄さんがいないのが残念。

久々のスタンディングライブで、無事に帰れるのか、

心配でしたが、踊るには最適」と、ね、

「T's Romantica恒例化、なりますか?なりますように・・・」

ね、どうなんでしょうか。まだ、あるんでしょうか。

神戸ではね、ほんとにね、最後まで立っていた

お客さんがいましたからね~。ありがとうございます。

感謝、感激でございます。お疲れ様でございました~。

「追伸。角松さん、夢のお酒、残念でしたね」って、うふふ。

もう、過ぎたことは言わんでくれ。

え~、続きましてシェリーさん。

「角松さん。今晩は。毎週ODAKYU SOUND EXPRESS楽しみにしております。

隅から、隅まで堪能しております。

今日の、INCOGNITOも よかったですね~。

えー、最後の、フェデレーションの”HOLD ON"いいですね~」

ね、たぶん、こんなものは知らないだろう的な曲も、

いろいろと、こうね、混ぜていきますので、

え~、楽しんでいただきたいと思います。

え~、ODAKYU SOUND EXPRESSの番組中は、なんだか、

お酒を飲みたくなりますね~。」

だって、そういう選曲してるもん。

「エンポカ東京って、てっきり住所が上原の方かと思っていましたら、

元代々木で、超ご近所でした」

ほう!

「いつも、通っていたお洒落な建物くらいだと思っていたのですが、

そうだったのですね~。今日、歩いてて、

”エンポカ”って書いてあって、ビックリ。

なんで、今まで気づいていないのか、摩訶不思議。

”エンポカ”が上原にも出来たから、行こうといわれて、

私は今度行くとき、場所を教えてといったんですけど、

なんと、目と鼻の先でした」

行こうとね、友達から言われたんですって、え~、

「3年前は、お隣の町内、元代々木に住んでいたんですけど、

あの、スタジオがセオリーと言う名前だと、知りませんでした。」

セオリ-スタジオ、まだ、ある~ですね。

え、なんか、ちょっと、いい感じしました。

「下北は、昔、昔、合コンとかカラオケとか、行っていました。

親友の旦那さんの行きつけのバーが、当時、本多劇場にあったりして、

今は、どこへ行っちゃったのか知らないです。」

何、言っているんですか。昔と言わず、今もね、

合コン、カラオケ、やっちゃってくださいよ。

まあ、あの、見ているだけ~の合コンも楽しいですよ。はい。(笑)

さあ、と言うわけで、お届けしましょう。

キュリオシティ ”ハング・オン・イン・ゼア・ベイビー”

♪♪♪・・・”ハング・オン・イン・ゼア・ベイビー”

角松敏生が、お届けしておりますODAKYU SOUND EXPRESS

さあね、ディープ・90's・フリー・ソウルな感じ、

また、ね、出てきました、キュリオシティね、

”ハング・オン・イン・ゼア・ベイビー”ね。

まあ、あのね、懐かしい新しいかんじのね、サウンドがね、

あのころありましたよね~。10年ちょっと前ぐらいね。

え~、これもまた、懐かしくなってしまいました。っと言うことで、

キュリオシティ ”ハング・オン・イン・ゼア・ベイビー”

でございました。

-----------------------CM-------------------------------

東京FMから角松敏生がお届けしております。

ODAKYU SOUND EXPRESS

さあ、こっからの時間はね、いつもの通り、ね、小田急線のね

停車駅、辿りながら、ね、キーワードを拾い出して

勝手にくっちゃべるコーナー!ということでございますね。

本日の停車駅、梅が丘、ま~た来たぞ。地元。(笑)

地元って言うほど地元じゃない まあ、仕事における地元っていうか

3日に一度は通ってるよ、みたいな感じでございますけどね。

うちのマネージャーの一人が、以前まで、梅が丘住んでましてね。うん。

その、ちょうど、あの~、車でね、スタジオに行くときにですね

あの下北沢から、僕が、メインでレコーディングしているスタジオ

環八沿いにあるんですけども、その下北沢から環八に

抜けていく道の途中に梅が丘があるんで、もう、しょっちゅう

その前通ってるんでございますけども。

梅が丘・・実は、あの、何気なく、何で梅が丘なのかなって

思ってたんですけどね、なんとね、また出ましたよ~

古代史というか、民俗学的な。近くに古墳があったんだって。

で、古墳があったから、こう埋める方の、埋めが丘だったんだってね

それに対して、うめを、埋めるんじゃなくて、あの木の梅に

変えて、梅が丘にした、という説もあるという。

ねえ、だいだらぼっちといい、古墳といい、八幡神社といい

意外と、このあたり、東京のど真ん中っていうか、でありながら

なんていうんでしょうか、なんかこう、古代史オタクを

喜ばせるファクターがたくさんありますね。

さあ、これ、あのね、実は、あの、この辺の近辺な人なら

ちょっと有名な、寿司の美登利 美登利寿司っていうのがあるんですよ。

で、僕、これね、行ったことないんですよ。

で、あのうまいらしいですよね。これ、有名らしいですよね。なんか。

うちの、あの、コンピューターマニュピレーションっていう

まあ機材関係をやっている山田洋ってのがいるんですけど、

うちの会社にね、まあ、僕のライブを見に来る人は知っていると

思いますけども、え~山田は、ほんと、寿司が好きでさ~、

ほんと、銭もないのに、寿司が好きなんだ、あいつ、ほんとに。(笑)

でも、ホントに、だから、でもね、高級寿司から、回る寿司まで

もう、とにかく、陳列棚の左から・・右から左全部くらいね、

寿司好きのオトコなんですよ。で、この山田君が、こう給料日とかね、

なんか、大仕事が終わったあとにに自分でご褒美を出すときにですね

この美登利寿司、よく訪れているらしいんですけどね。ええ。

まあ、全然、どうでもいい話ですけどね。(笑)

で、僕もちょっと、あの、ね、すごく美味しいんだけども、ね、

まあ、リーズナブルって書いてありますから、それで

うちの山田も行けるんでしょうか?みたいな(笑)ええ、ね、

社長としては、もうちょっと楽さしてあげたいとおもうんですけどね。

それからね、キッチン南海っていうね、あの、あれ、

洋食屋さんがあるんですよ、で、これあの、ここのカツカレーは

すごく、あの、実は、有名でございましてですね、

ええ、でもですね、キッチン南海って、えーと、チェーン店っていう

ことじゃないと思う・・僕、詳しく知らないんですけど

全く同じその、キッチン南海が、実は下北にもあってですね

実は、ごめんなさい、ワタクシ、下北の方の、キッチン南海

よく出没しております。カウンターだけの、狭~い店なんですけどね

え~、わたし、そこで、ハンバーグとエビフライ、両方頼むんです(笑)

あの、今日は、夜中まで、仕事で、ずっと腹持たせなければいけない

って時は、キッチン南海で腹ごしらえしてから行く、で、実は

この、梅が丘のキッチン南海も、すごく有名らしいですね。ええ。

っていうことで、出掛けた方は、ちょっと探してみてはいかがでしょうか?



♪♪♪ LARRY CARLTON "WHERE DID YOU COME FROM"



さあ、というわけでございまして、梅が丘でございますけどね

なんか、このコーナー、なんか どっちかつうと、あの~

あなたの街、紹介みたいな(笑)感じのあの、しゃべりになって

おりますけども、別にそういうコーナーじゃないんですよ。

もっといろいろ好きなことをしゃべる、恋愛のことだったりとかね

お酒の話だったりとか、あの、音楽の薀蓄だったりとか

そういうことをですね、各駅から、連想するキーワードから

こう、しゃべっていく・・っていう、本来は、コーナーなんですよ。

でも、なんでこんな、話に、こうなんか地元の話になってしまうかって

いうとですね。(笑)だって、すごくよく知ってる場所なんだもん(笑)

だからね、どうしてもね、なんか、そのアド街ック天国的な、こう

しゃべりになってしまいましてね。

知ってるんだもん。だって、だから。だから、あ、ここ知ってる、

ここ知ってるって、どうしても、紹介したい気分になってしまいますね~。

え~、でも、ご安心ください。成城学園から先はよく知りません。

というわけで、そっから先は、またちょっと、話の切り口が

変わってくると思いますので(笑)え~お楽しみにということですね。

え~、ということで、本日、ね、梅が丘駅。

そして、駅から連想するナンバー。

ラリー・カールトンで、ラリー・カールトンが歌っている!という

とても貴重なナンバーですね。

「Where did you come from」お届けしました。


-----------------------CM-------------------------------


TOKYO FMから、角松敏生がお届けしてまいりました、

ODAKYU SOUND EXPRESS いかがでしたでしょうか。

ね、と言う訳で、梅ヶ丘でしたね。ええ。

で、次の駅は、色々とこうね、たぶん、思い出があるかもしれない・笑。

と言うことで、来週のお話しをお楽しみにって感じでございますけどもね。

うん。わたくしも、徐々にね、ニューアルバムの制作モードに入って

行こうと思っている次第でございます。

さあ、この番組では、私へのメッセージ、リクエストお待ちしております。

宛先です!

はがきの方は郵便番号102 8080 102 8080

TOKYO FM 「ODAKYU SOUND EXPRESS」

FAXの方は、東京03 3221 1800 東京03 3221 1800

メールの方は、kadomatsu@tfm.co.jp kadomatsu@tfm.co.jp まで

たくさんのメッセージ、お待ちしております。

まあ、あのー、ライブが終わってしまって、ちょっと、ぽつねんとして

おりますけどもね。えー、ここから徐々にエンジンかけて行きたいと

思います。まあ、そんな時にね、ラジオで、このー、

ODAKYU SOUND EXPRESSで、えー、しゃべる時間はですね、意外と

これはね、ホントね、気持ちの切替えになって良いんですよ。ええ。

ット言う訳でございまして、お別れの時間となりました。

また、来週の土曜日、夜9時にTOKYO FMでお会いしましょう。

お相手は、角松敏生でした。



コメント一覧
コメントはまだありません。